自動車保険は安いが一番?それともいざというときの対応?

2020年2月1日

自動車保険は安いが一番?それともいざというときの対応?


自動車保険は必要だけど、なるべく使いたくない商品

自動車保険、何を選べばいいのか悩みますよね。掛け捨てですし、まず一番安い商品を探そうとしていないでしょうか?自動車保険で大事なことは、事故が起きたときの賠償責任の補てんです。もし人をはねたら、その誰かの人生をおカネに換算して億円単位の補償義務を負うことがあります。建物や施設を壊したときも同じです。まず賠償責任のリスクをカバーすることが第一です。

ネット・ダイレクト自動車保険はなぜ安い?

保険の募集や契約更新にはコストがかかります。まとめて多くの人に募集などの営業ができれば保険料は安くなります。だから職場単位などでまとめて多くの契約が管理できれば、大手保険会社でも保険料を割り引いてくれます。会社や地域と個人の関りが次第に弱まって、だれでも簡単に契約できるネット自動車保険が伸びてきました。会社でもネットでも「まとめて多くの保険契約を管理する」と保険料が安くなる仕組みは同じです。ネット保険会社のメリットは手軽に商品比較できて、必要なサービスを効率的に選べることです。気になることはやはり事故対応時の心理的距離感でしょうか。困ったときはどうしても目に見える人が頼りになりますね。

ロードサービスなどの付加サービスは?

ロードサービスなどの事故処理に伴うサービス・費用補てんは、いざというときにとても頼りになります。会員制の組織でドライブに伴うトラブルを解決してくれるサービスもありますが、多くの保険会社ではそういうサービス会社と提携して、安全なドライブのためのサポートを提供しています。快適なドライブをバックアップする方向へ自動車保険は進化しています。

自動車保険の中には、弁護士や顧問医などの専門家と連携して、事故などの解決に向けてサポートする会社もありあす。